新聞等で募集したところ、16社が応募して参りました。
1.まず、当方の応募条件に適合しているか、検討したところ、8社が不適格でした。
2. 2次選定として選考基準を明確にしてどなたも納得のいくよう点数制として評点いたしました。
その内訳は、
① 技術力(一級建築士等)②社歴 ③社員数 ④実績(100戸以上の3年間)⑤信用度 ⑥見積金額
①~⑤までは各社のデータを最大値で除した値です。
⑥見積のみ各社見積金額で最小見積金額を除した値とし、その総合計で3次ヒアリングへ進む3社を決定いたしました。
 因みに3社の合計点数は、1位貴社87.7点、2位65点、3位64点でした。
3.ヒアリングは、上記3社をA,B,C,D,Eと5段階の評価をしましたが、貴社が委員全員の評価で圧倒的多数でした。  

このプロジェクトで一番重要な段階と考えて居りました。
適切な調査診断を行い、合理的補修を行うためにはコスト面・工期そして居住者のいる中での大規模修繕工事の実施なので、何よりも安全を重視したものでなければならないと心に誓っておりました。
企画段階で少しもたついた感が(担当の入替え)がありましたが、さすがに人材豊富で描いたシナリオ通りに調査、設計も進み結果的には充分な評価で施工会社選定へ進むことが出来ました。

施工会社選定案につきましては、当方と充分な意志疎通が出来、大変よくデータをまとめられ大いに役立ちました。ただ考えていた予算よりも多く、仕様を落し再見積を行ったことが何となく心残りでした。

工事監理につきましては、全体を通して技術的な深さをみました。
施工会社・工事連絡会議等でリーダーシップを発揮し、修繕委員会、理事会の評価は非常に高いものでした。
シナリオ通りの工程、出来栄え、安全に終了出来たことは、心から敬意と感謝いたします。
特に100年か1000年に一回起きるかと言われる、震災に見舞われました。これは本当に想定外のことでした。
このようなときに、適格に地震の目視点検調査・修復計画を敏速に行い、又、見事に短期間で成し遂げたことお礼を申し上げます。

日常の工事監理業務に加え突然の大震災の対応として、調査、診断、補修仕様、設計見積等を作成を頂き、貴社に大変な荷重をおかけしたことおわびいたします。
又、私が考えていた報告書の内容が全て反映されており、さすがにプロ集団の奥深さを感じました。
特に工事監理者には仕事の実力・判断力に敬服しました。

僭越ながら、小生自分のこれまで歩んできた略歴を少しばかり述べさせていただきます。
私は35年間非鉄金属(金,銀,銅)・石油精製元売の会社で一貫して施設計画、現場での建設を行って来ました。
またその間、子会社に出向し原子力発電関係の5現場の所長として12年間実務を行いました。
52才で親会社に復帰し、新事業開発等に専念し、定年後は、ガソリンスタンド・ビル・マンション・倉庫等を製作、現地建方会社の工場長として3年・設備管理会社5年・照明設備会社5年、それぞれの執行役員として5年、計45年間にわたり、企画設計、現場での建設に携わってきたことになります。

感想として、このように現場に携わってきた小生ですが、貴社がパートナーとして入っていただくまでは修繕委員長として大変孤独でした。
お陰様で4年前にも排水管ライニングで大変助けて頂いた貴社が選ばれ力強く思っていました。
(あ、良かったなと心底思いました。)
いろいろ、議論はありましたがやはり、企画段階でしっかりと調査、設計をして頂いたことが第2回の大規模修繕成功のカギであったと思います。

ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集