本排水管更新工事に当りましては、設備工事であることから我々専門知識に乏しい理事会に対して、排水管改修計画、設計から業者選定までわかりやすい説明をして頂き、工事監理中においても、TRC建築士による工事監理のもと、的確な指示を工事業者に出して頂き、大変感謝申し上げます。

経年劣化のある当マンションにおいて、何時、どの様な設備工事が必要になってくるのか?                                                        
居住者の高齢化に伴い、できる限り最小限の経費で、メンテナンスを済ませたいとの思いは共通であり、当然ながら積立金との兼合いも含め、総合では意見が分かれました。
しかし、近々に必要な工事であることであり、優先順位をつけ、繰延べは避けたいとの意見でまとまり合意形成にいたりました。

やはり各住戸内の居ながらの工事である事で、理事会や総会など合意形成をすすめていく準備など大変なこともありましたが、無事に今回の排水管更新工事を終える事ができ安堵しました。
また、集会所トイレ改修における地下埋没配管の更新工事や、工事後の現状復帰など、不安な事柄もありましたが、居住者からのクレーム処理も適確でホットしています。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集