大規模修繕は相当の経費がかかりますから、住人(管理組合)の合意形成の上でもコストパフォーマンスの高さにポイントを置きました。
また、大規模修繕は長期間の修繕となりますが、特に私たちの場合は年末年始を挟んでの修繕でした。その間もマンション住人は普通の生活をしている訳ですので、修繕期間中の住人の生活の質を如何に落とさずに修繕を実行するかと言う点にもポイントを置きました。

大規模修繕には細かな仕様変更が常に伴いますので、管理組合とコンサルタント、それと実際の施工業者の3者が修繕期間中に如何にコミュニケーション良く取るかが肝になると考えます。その点、私たちの場合は、月例の修繕委員会においてコンサルタントである東京建物リサーチ・センターの監理者の方が施工業者との打合せの結果なり今後の方向性について細かく説明、あるいはアドバイスをしてくれたので、高い透明性を保った進捗管理ができたと考えています。

東京建物リサーチ・センターの監理者の方は、最初から最後まで非常に真面目で真摯な態度で臨んでくれたとの印象を持っています。
実際の施工業者の監督者の方も真面目な方でしたが、両者のチームワークがとても良く、良い修繕ができたのではないかと考えております
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集