営業段階:十分なプレゼンテーションと当方からのヒアリングを実施した上での契約であり、提案内容も非常に満足できる内容であった。
設計施工業者選定段階 :適切なアドバイスを得られ、手続等も適切であった。
大規模修繕工事監理段階:綿密かつ正確な報告があり、非常に信頼できる業務内容であった。

修繕委員会としては、以下のスケジュールにて進めました。

2015年10月 コンサルタント会社の選定(理事会)
11月 同上決定(定期総会)
2016年5月 設計、長計打合せ開始(修繕委員会)
11月 工事内容の承認(定期総会)
2017年4月 施工業者の選定開始(理事会・修繕委員会)
6月 施工業者、及び大規模修繕内容の承認(臨時総会)
8月 工事説明会 9月 工事開始
11月 コンサルタント契約の延長承認(定期総会)
 

コンサルタント会社への期待の最優先は信頼関係であり、最後までその期待を損なうことなく業務を全うして頂けたことは大変感謝している。
また、工事内容も監理業務も住民、理事共に大変評価しており、「前回とはずいぶん違う」との嬉しい評判を多々聞くことが出来た。
今後も担当は代わることはあっても、組織同士もお付き合いを末永くお願いしたい。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集