設計担当者と監理担当者が別人であるのはよいシステムである。今回の工事でも、外壁及び鉄部塗装工事費用の大幅な軽減にもつながり、御社を十分に活用出来たと思う。
設計者の説明では、非常に具体的で理解しやすく良い印象をもち、監理者についても監理の定例修繕委員会で月報の進捗状況等で詳細説明がなされ、大変熱心に対応して頂き書類も理解し易かったと思う。施工会社さんは結果的に工期の遅れも有りましたが、始めから無理なスケジュールだったのかはわかりませんが、全体としては満足するものでした。

工事内容が設計通りに行われているか 、設計変更や追加工事はどのようにするのか、それに伴う費用と納期はどうなるかを重視しました。具体的には工事の質の確認や予算内での工事完了、工事中のトラブル無いかや居住者の協力体制、住民の皆様への開示等です。

当マンションの大規模修繕工事は今回が4回目であり、役員の中では全てに携わって頂いた方もおられるなかで、結局は役員の熱意と良好な設計監理会社と工事会社の選定につきると思いました。工事中においては、居住者の皆様の協力が何よりも必要ですが、その部分において作業が遅滞してしまったことが残念でもありました。
TRCの各業務の担当の方や工事業者の方々は大変ご苦労様でした。設計者監理者と施工者間の連携も良好でした。
当マンションは本当に気持ちよく住むことができます。色々ありましたが大規模修繕工事が無事に終了して良かったです。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集