当マンションの第1回大規模修繕工事の計画は、工事着工の3年以上前より大規模修繕委員会を立ち上げ検討を重ねてまいりました。
当マンションは9棟(678戸)の住戸と集会所等の施設からなる大規模な団地形マンションであることから、管理組合の希望に添って、専門技術者から適切なアドバイスを得られる設計監理方式を採用しました。
修繕工事の設計段階では、監理会社の設計者は大規模修繕委員会から修繕要求を一つひとつ良く聞き、適切な提案をし、施工法等についても素人にも理解できる説明とアドバイスを頂きました。お陰様で、当マンションに即した修繕計画になり満足の行く結果に繋がりました。
また、住民説明会でも、分かり易い資料と説明で、参加した住民の皆様からも修繕工事の理解を得られたと思います。
施工会社の選定にあたっては、施工業者は監理会社が作成した共通見積書式で見積もりを提出し、更に、各社の業績、及び見積もり比較一覧表を作成して頂き、委員会にとって非常に比較検討し易い資料を提供頂きました。
お陰様で、技術力、予算共に納得できる施工業者が選定できたことに感謝いたします。

全9棟の団地形式マンションでは、棟によって破損の内容や数量がかなり異なります。設計段階で想定した数量を大きく超えるケースや設計段階で気付かなかった問題が発生したとき、監理者殿は三者(監理会社十施工会社十修繕委員会)で協議できる様に対策案を提案し、解決に導いて頂きました。立会検査に於いては、建物の構造、修繕工事の技術的な説明を現場で丁寧にして頂き、建物に対する知識が深まったと同時に、施工の信頼性も確認できたことに大変満足しています。
また、住民からのクレームに対しても、資料の作成や適切なアドバイスを頂き、感謝しております。

何より、大きな事故もなく無事大規模修繕工事が終了したことに感謝いたします。
今回の『第1回大規模修繕工事は大成功した』と喜んでおります。
設計から工事完了まで約2年に亘る長期間でありましたが、監理者殿には現場を定期的に巡回し、問題があれば迅速に施工会社に適切な助言や指導、修繕委員会にも適切な助言や報告を頂きました。
お陰様で、住民の皆様にも満足できる大規模修繕が無事終了しました。
長い間お付き合い頂きまして有り難うございました。
設計監理を『東京建物リサーチ・センター』様にお任せして良かったと思います。次回の大規模修繕にも手を上げて頂ければと、願っております。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集