当マンションは40年以上の築年数で、折り返し地点を迎えるところです。今回の工事は、共用部分に加え、専有部分の汚水排水管設備の更新(交換)工事でした。コンサルタント会社数社によるコンペ・プレゼンの結果、設計監理方式と実績をもとにサポートをお願いし、期待以上の活躍をしていただけました。
施工業者の公募・選定と施工監理を進めていただき、品質・費用・納期を守って無事工事を完了していただきました。それに加え、住民説明会の準備ならびに参加をいただいたことで、各戸への負担の軽減と技術的な説明をしていただき、住民への配慮も十分に満足のいくものでした。

住民全員の理解と協力を得て工事を進め、住民の生活の安心感を工事の計画から完了まで維持する点を特に重視しました。工事を「今」する必要があるのかという説明から、工事中には騒音、制約、在宅を住民全員に納得と協力を仰ぐ説明までを責任を持って、住民の立場に立って進めることを重視しました。もちろん、工事の品質、費用、納期を守っていただけるよう監理・管理していただくことも重視しました。ただ、それ以上に住民の安心・安全な住環境を保ちつつ、最小限の制約事項を受け入れて工事を完了させることを重視しました。

住民全員の協力を得て、全戸の工事を品質・費用・納期を守って無事に完了でき、TRCさんの適切なアドバイスに感謝しております。
今回の汚雑排水管交換工事は、マンション設備の中でも主要な工事であり、10年近く前から検討と計画を進めていました。住民全員の協力を得てはじめて、立管工事を1階から10階までできるもので、住民の理解と協力を得られるよう説明しつつ、ようやく工事を実施することになりました。施工業者の選定から工事の監理を担っていただき、工事を8カ月で予定どおり無事に終了できました。
工事中に、トラブルもなく、住民に事前に説明した制約事項内で進めていただけ、安心・安全に工事を完了でき、住民からも高い評価をいただけました。
TRCさんは、住民と施工業者との調整役でありつつも、住民の立場に重点を置いて進めていただいたことで、今回のように整斉と素晴らしい工事となれたと思います。
TRCさんに設計・監理業務を依頼しなかったら、今回の結果は得られなかったと思います。 
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集