前回に引き続き、TRCに建物調査診断から大規模修繕工事の設計、工事監理をお願いしましたが、2回目でしたので当マンションの特性もよく理解しており、安心してお願いすることが出来ました。
指名するにあたり数社へプレゼンを依頼しましたが、コンサルタントとしての建物への理解度、提案力、実績、体制、見積額の全てにおいて勝っていましたので、TRCへお願いする事にいたしました。
建物調査診断からの組合員への説明会、大規模修繕工事の内容の検討と施工会社の選定、施工中の工事監理等の全ての業務をしっかり行って頂きました。
特に工事監理では現場をよく見て、施工会社への適切な指示をして頂き、大きな問題も無く大規模修繕工事を無事終える事が出来、非常に感謝しております。 

今回の工事での大きなポイントとしては、3回目以降を見据えた外壁塗装、玄関ドアやメールボックスの交換、屋上防水等でした。その中で玄関ドアやメールボックスについては当初は別途協議中の工事項目として修繕計画に見込んでおりませんでしたが、TRCさんの的確な修繕工事計画により、スムーズに大規模修繕を進めることが出来ました。
また、外壁塗装では躯体の中性化と3回目以降を見据えた塗装仕様変更のご提案により、次回以降の課題であった高額となっている塗装工事費の抑制に繋がったのではと思っております。
以上により、以前から心配していた課題の解決や計画外の工事もスムーズに実施出来、満足しております。

大規模修繕工事は、住民の皆様に大変なご迷惑をお掛けすることから、住民の皆様のご協力無くして出来ない工事と思っております。今回の工事は台風や長雨により工期が多少延びてしまいましたが、無事終える事が出来たのは、大規模修繕工事に関係されたTRC、施工会社、理事会、修繕委員会、そして住民の皆様のご尽力とご協力があったからこそと、感謝しております。
また、今回の大規模修繕の結果を参考に、長期修繕計画の見直しも今後の重要な課題と考えております。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集