当管理組合では、建築後21年となるチュリス船橋金杉の大規模修繕工事に向け、修繕委員会を発足し検討を重ね㈱東京建物リサーチセンター [TRC]にコンサルタント業務を依頼することを決定しました。
選定経緯としましては、「マンション管理新聞」に公募を行ない12社の応募があり、7社を見積対象会社に選び、①企業の安定性 ②見積金額 ③提出された資料を比較検討のうえ平成29年2月に4社に対してプレゼンテーションを実施し、提案力、説明力、透明性等を厳正に検討した結果、TRCをコンサルタント会社に決定し同年3月臨時総会への承認を諮りました。
その後4月に入り、今後のスケジュールや大規模修繕工事までの概略工程打合せをスタートさせ、①アンケートの実施 ②建物の調査・診断 ③改修設計、施工業者募集、値下げ交渉、総会決議、工事監理業務等の正式契約に至りました。
長期間にわたり、TRCには調査~設計~工事監理に至るまで一貫して、管理組合・理事会・修繕委員会の代理者として、大規模修繕をスムーズに進め無事完了できたこと大変感謝しております。今後も末長いお付合いをお願い致します。

平成30年8月の夏の暑い時期に始まった大規模修繕工事は、6か月の期間を要しましたが、管理組合・理事会・大規模修繕委員会・施工業者・TRCと、毎月1回(第一木曜日)定例の合同打合せを行ない4者間の連携を十分に行ない、工事中の経過報告や問題点をその都度説明してもらい確認しあいました。
当初は不安もありましたが、TRC担当建築士の方々には大変ご苦労をおかけ致しました。
施工業者との間に立って無理難題をお願いしたこともあったかと思いますが、技術者として経験に基づく的確な助言やアドバイス、施工者に対するきめ細やかなチェックや指導を行っていただき安心いたしました。

大規模修繕工事が、大きな事故やトラブルもなく予定通り無事工事が完了することができまして改めてお礼申し上げます。
思えば、平成28年12月大規模修繕委員会が発足し、定数10名を下まわり当初6名にてスタートするも、平成29年秋頃には「大規模修繕コンサルタントに注意」「狙われるあなたの積立金」等の報道があり、住民、役員の不安の声もありましたが、修繕委員会としては最後までTRC様を信頼し、信頼関係が損なわれることのないよう技術コンサルタントとしての役割を果たしてもらったことが、大規模修繕工事の成果につながったと思います。
今後も定期点検業務及びアドバイザーとして末長く宜しくお願い致します。
最後になりますが、工事終了後、住民の方から「御苦労様でした」「きれいになったね!」「階段手すりを設置して助かります」「スロープで段差が解消され助かります」等、あたたかい感謝の声を掛けられ大変満足しております。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集