本マンションはコーポラティブ方式で建てられたマンションで、設計の段階から住人たちが何度も話し合いを重ねながら建てられた「個々の思い入れが非常に強い」マンションです。
また、コンクリートの打ち放しという特徴的な外観も備えています。そこで、住人達の当初の思いをできるだけ大切にするということを重視し、コンサルタント会社を入れて、よりよい大規模修繕をしようと判断しました。

管理組合の役員も素人集団の集まりであり、皆仕事を抱えているという状況を考えると、多少費用がかかっても、コンサルタント会社を入れたことは正解だったと思います。

TRC様の適切なアドバイスにより、コンクリート打ち放しに実績のある施工会社を選定することができました。
工事監理者からは、仕様について様々な提案をいただくことで、修繕委員会としても現状と価格とが折り合った満足のいく修繕工事ができたと思っています。
何よりも、TRC工事監理者様と施工者代理人のコンビが、非常に息が合っており、修繕委員会としても安心してお任せすることができました。
最終的には「人」だということを強く感じました。
どうぞこれからも、良い技術者・職人さんを大切にしてほしいと思います。 
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集