御社と当マンションとは、平成3年2月の建物診断・修繕計画の作成からのお付き合いが始まりました。
それ以来、建物診断、大規模修繕工事や鉄部塗装等設計計画、工事監理、長期修繕計画作成等々を請けていただき、長期に亘るお付き合いから当マンションの状態をかなり把握されていると期待しています。
今回の工事も診断、計画、監理を担っていただき、合わせてこれから先の修繕計画も立てていただきました。御社社員や組織としての技術力、施工ノウハウ、過去のデータを駆使して、計画の段階では当方の要求を取り入れながら計画を立てていただき、業者選定もスムーズに進み、組合総会では区分所有者からの大きな質疑もなく賛同を得ることが出来ました。
工事段階では監理を十分に行っていただき、工事の変更・追加・不具合に当っては、私共の要求を請負会社に指示していただき、我々には理解し易い資料の作成・内容の説明をいただき助かりました。 

実数精算も含め、工事の中止・変更・追加も多々ありました。
その都度適切なアドバイスをいただき効率的な大規模修繕工事ができたと感謝しております。
また、その折には内容が理解し易い資料を作成、説明いただき、専門ではない役員も理解することができました。

今回の大規模修繕工事は当初の工期よりも残念ながら1ヶ月遅延し竣工しましたが、重大な事故も無く工事が完了しました。
資産価値が上がったと感謝しております。
ふりかえってみれば、前記しましたように長いお付き合いです。営繕工事は「過去・経過を知り、それに基づいた修繕」が重要と思います。
今回のデータも加えていただき今後の修繕工事に役立てて下さい。
次回もよろしくお願いします。 
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集