この排水管改修工事については、我々理事会の1期前である38期よりの申し送り事項であり、コンサルタントであるTRC様とは当マンションの長期修繕計画の策定をして頂いた経緯もあり今回の契約になったと思われます。
我々39期の理事会にコンサルタントとして都度参加していただき、排水管工事における貴重な意見やアドバイスをいただいた事は事実であります。 

39期理事会では、台風災害、コロナ等の予期せぬ事が発生し、通常の理事会活動もままならない中、当工事に関して出来るだけもれの無い様、各理事とのコミュニケーションを重視し、組合広報の発信等で対処してまいりました。
当工事に関する総会議決事項もコロナ禍のため委任状での決定でした。
最終的には総会の議決をもって40期理事会からの工事議案に入れたのですが、40期の時には、住民説明会を実施する事が出来、ある程度住民の皆様には納得していただけたのではないかと思います。

正直、このコロナ禍の中で工事開始を判断するのは大変だったと思います。                                                     
また、当マンションの住民の皆様の協力があり無事に終了する事が出来たと思っております。(ただ1系統だけ工事未了の所がありますが)
今後も大きな工事がひかえています。この時の経験を生かして、次につなげていければ良いと思います。
多分この先もTRC様とは長いおつき合いになると思います。                            
どうぞよろしくお願いします。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集