やはり、修繕金額と修繕工事補修範囲です。
次回の大規模修繕の方がより広い補修工事範囲となり金額も高くなることから、今回は最低限の修繕となるように進めました。
コンサルタントであるTRC設計者の方から、焦点を絞った修繕方法のご説明をいただき、理事会、修繕委員会一同、納得したプランとなりました。
また、コンサルタントの方には修繕項目など細かい内容も説明いただいたこと、感謝しております。

非常に満足しています。必要な修繕が出来たと思います。
工事中もTRC監理者の方に適切なアドバイスをいただけました。
これにより修繕会社による説明も理解出来、大規模修繕工事中の進捗、工事内容、追加・削減の工事の内容が理解出来ました。
理事会、修繕委員会だけではなく、マンションの住民からも大きな苦情がなかったことは一重に工事中のTRC監理監査をしっかりと適切にしていただけたためと考えております。

大きな問題なく無事修繕を終えたこと、感謝いたします。
結果として修繕項目内容は多くはありませんでしたが、御社のコンサルタントなくしてそれは出来ませんでした。我々に代わり厳しい視点で修繕会社を選んでいただきましたが、修繕会社の選択は適切だったと思います。
また工事中の監査についても、非常に適切な対応をしていただいたと思います。
お陰様でキレイなマンションへ戻ることが出来ました。
誠にありがとうございました。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集