当初は、今回の予定している大規模修繕工事内容から、設計監理コンサルタントをお願いするかどうか、組合の中で議論は有りました。予算がない中で、出来るだけ多くの費用を工事費にあてようと話し合いがあったのは事実です。
その際、某マンションで既成杭が支持層にとどいていないというニュースが流れ、一般論として、建設工事に対する不安感が生まれ、コンサルタントをお願いする事となりました。
何社かヒアリングを行い、組合に対する説明がわかりやすかった点や、今後の設計、監理の流れをしっかりと説明して頂いた事が、御社に発注する決め手となりました。  

今回の工事内容では、タイルの一部張り替えが、足場を組んでたたいてみないと解らないという事が不安で始まりました。建物の資産価値をキープするための工事と、向上させるための工事の両方を行いたいという中で、想定していたよりも多くのタイル貼り替え箇所が出てきて、一時はどうなるかと思いましたが、御社がコンサルタントとして適切に判断をして頂き、施工範囲を変更し、組合として新たな予算を組まずに工事を終える事が出来ました。

お陰様で予定していた大規模修繕工事が完成し、又、一度諦めていた工事範囲に関しても、一部復活させる事も出来ました。全体としては非常に満足しております。
また、今回の工事で、今後我々が3回目の大規模修繕に向けて準備をしなければならない事が明確に分かりました。今から準備をしておけば、次回も満足できる工事が出来ると思います。ありがとうございました。   
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集