TRCさんには、陸屋根防水改修工事の診断設計業務をお願いし、詳細な診断と信頼のおける確実な性能保証を付帯する設計をして頂き、管理組合臨時総会で工事承認決議を得ることができました。
そして工事監理業務をお願いし、公募による施工会社決定の上、具体的工事内容の決定から着工までに当組合に対して業務毎に的確な助言と詳細な資料が提供されて、監理・施工・施主の関係の中で信頼関係が構築されました。
工事期間中は、月1回の定例会議において、詳細な説明と改善対応についての適切な提案を受けました。また、工事期間中に施工会社関係者に対して、きめ細やかなチェックと丁寧な指導をされました。
これからTRCさんと当組合は、長期保証におけるメンテナンス点検を通じて長いおつきあいをさせて頂くこととなります。今後も工事部分のメンテナンスに関する助言だけでなく、当マンションの建物設備の改善に助言を頂ければ幸いです。

当マンションは、建物概要にあるように緑に囲まれた多棟型のマンションで棟の設計、方位や環境は、棟により状況が異なる部分もあります。
その状況を踏まえた工事監理を実施して頂いたことで、施工会社との意思疎通と連携もできていたと思います。
工事期間中は、数度の爆弾低気圧による悪天候の影響により、工事の大幅な遅延の恐れがありましたが、竣工まで数日の遅延で抑えられたのはTRCさんの監理のもとで、工事関係者各位の意思疎通と連携のおかげと存じます。

診断設計の段階から、増税による駆け込み工事発注や公共事業の増加により、工事関連資材や工事業者の人材が逼迫する中で、工事金額が高騰している状況でした。
臨時総会ではマンションの安全安心を担保する必須のものとして、部分補修ではなく、長期保証を付帯した全面更新工事を提案し予算と併せて承認されました。
これは、住民の皆さんが安心安全を求め、TRCさんの設計が確かなものと認められたものと考えます。所定の予算内および数日の工期遅延で無事竣工できたのは、監理者と施工者の連携と迅速かつ適切な判断が最大の要因だったように思われます。竣工後、管理組合として住民の皆さんからお礼の言葉を頂き、役員冥利を感じております。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集