前回の大規模修繕工事でもTRCさんにコンサルタントを依頼しお世話になったことが、今回も安心してまかせられるポイントだったのではないでしょうか。
また、我々管理組合の目線にたち第三者であるコンサルタントとして、根気よく調査~設計~監理まで業務を遂行され、修繕委員会のサポートをしてもらいました。
特に3回目の大規模修繕ということもありましたので、玄関扉・アルミサッシ・面格子の交換、郵便受交換と宅配ボックス設置など、通常の修繕項目に加え改良改善工事の実施に向けて、丁寧に提案のうえ説明して頂きました。

やはり、管理組合の修繕委員会メンバーの中にリーダーシップをとってくれる人がいること、居住者の不安・疑問に迅速に対応してくれる業者であること、即ち、委員会・設計監理会社・施工会社の三者の意思疎通が十分に図られていることが大規模修繕工事の成功につながるのではないでしょうか。

今回の大規模修繕工事に向けて、建物調査から修繕計画立案、改良改善(玄関扉、サッシ)などの各種提案資料提供及び工事中においては、監理者による施工会社への指導は居住者目線で丁寧にやって頂きました。
また、工事完了までの工程スケジュールにも問題ない工期設定であり、御社への不安や不満もなく、修繕委員会一同感謝しています。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集