今回の大規模修繕工事は昭和53年完成以来、3回目の大規模修繕工事です。
前回2回目の大規模修繕委員会において、検討した結果、東京建物リサーチ・センター様にコンサルタントおよび工事監理等を、お願いいたしました。

今回の大規模修繕委員会でも、委員会にて検討した結果、前回の実績を踏まえて東京建物リサーチ・センター様にお願い致した次第です。
今回も、前回以上に、監理業務を遂行され、理事会・委員会共、感謝致しております。     

大規模修繕工事の、期間中の点検・チェック等は、熱心に監理者が廻られ、工事業者への指示等、特にルーフバルコニーの防水工事に関しては、最良の施工提案を示し、委員会を説得されました。委員会としても、コンサルタントとして工事監理を、東京建物リサーチ・センター様に、お願いしてよかったと思っております。

大規模修繕工事も今回で3回目ですが、事前の委員会も順調に進み、工事業者およびコンサルタント会社を、前回同様の会社に依頼したことで、工事期間中は事故も無く、また居住者とのトラブルも無く、無事完成した事で、ほっとしております。

当マンション住民も高齢化することで、次回の大規模修繕工事について一抹の不安は残りますが、コンサルタントとして今後もアドバイスお願いします。

ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集