前期理事会から大規模修繕委員会を組織して、長期資金計画と積立金をベースに今期大規模修繕工事内容・範囲の最適化を検討するにあたり、第2回大規模修繕の経験を踏まえ、設計監理理コンサルタントのアドバイスが必要だとの認識に至り、また区分所有者にも管理組合総会を通して賛同を得ることができました。

修繕工事の緊急性のランク付けに基づいた工事内容と共に、共用部延命補修工事内容など長期的な視点に立ったアドバイスを基に工事内容・範囲を提案していただきました。
また、施工業者も価格だけでなく各工事見積もり内容比較・監督者面談など通して選定することができ、ほぼ、設計監理コンサルタントと合意した工事となりました。
工事中に於いては、工事安全対策・生活環境対策も含めてアドバイスしていただき、住民にも喜ばれました。
工事完了に伴う竣工図書・長期修繕計画は、今後の小規模修繕と共に、次回の大規模修繕に向けた修繕資料となり、大いに役立つ内容にまとまっているので、大規模修繕委員会としても安心することができました。

管理組合理事会・大規模修繕委員会のメンバーは修繕工事に関して素人集団ですが、今回、設計監理コンサルタントのおかげで、住民にも分かりやすく工事の必要性・内容を説明して頂くことができ、大変助かりました。

また、住民のプロに対しても納得いただけるような説明や、コストダウン・耐久性UPなどの多くの提案事例を検討できたことは、想定した以上に有益でした。
次回の大規模修繕には更なる知見を期待しています。
なお、管理組合理事会・大規模修繕委員会では、設計監理コンサルタントおよび施工会社に感謝状を贈り、皆さんからの感謝の声に答えることになりました。      

ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集