安全なマンション生活を維持する事を目的に、大規模修繕工事を計画した際、まずは、マンション住民の立場になっていただけるコンサルタント会社選定は、とても重要な事柄でした。
それは、1番に信頼できる会社、担当者です。
修繕積立金や住民形態等の微妙な内容さえも話し合える「修繕チーム」を作る事に重きを置きました。それが良い修繕工事の第1歩だと考えました。

マンション住民の様々なご意見を取りまとめる中、その都度、辛抱強く、そして的確なアドバイスをいただきました。予算についても修繕費用内に収め、マンション住民の希望を叶え、納得いただける工事にするために、工事箇所、工法等もアイデアをいただきました。
潤沢な修繕費用があれば、どんな事でも可能です。
限られた費用で満足のいく工事が完了できたと思います。

マンションと云う建物ではなく、住民の常日頃のコミュニケーションが大切ですね。
共用部の修繕工事とは云え、マンション住民のご理解とご協力は不可欠です。
毎日の積み重ねが、十数年に一度の大規模修繕工事の一歩になっていると気付きました。
専門的な事は専門分野の方々にお任せすれば良いのです。
技術は日々、進んでいます。
私達は、マンション住民として、きちんと暮らして行く事こそ、大切だと感じました。
ISO9001・品質マネジメントシステム お客様インタビュー 大阪建物リサーチ・センター 神奈川建物リサーチ・センター建物の「劣化修繕」用語集